Poem by Shuntaro Tanikawa
Translated by William I. Elliott and Kazuo Kawamura

I have to go now, 
right now,
but don't know where.
Cherry trees bloom along the street.
I cross when the light turns green,
the familier mountains beyond as my guide.
Have to go by myself
but don't know why.
I'm sorry, Mom.
Treat Dad nice.
I won't gripe about food
and I'm going to read more than I used to.
At night I'll look at the stars,
During the day I'll talk to all sorts of people.
Try to find out what I really like best and
if I do I'll hang on to it and live as long as I can 
and not be lonely even if I'm a long way away.
I have to go now.

さようなら
詩集「はだか」より
谷川俊太郎

ぼくもういかなきゃなんない
すぐいかなきゃなんない
どこへいくのかわからないけど
さくらなみきのしたをとおって
おおどおりをしんごうでわたって
いつもながめてるやまをめじるしに
ひとりでいかなきゃなんない
どうしてなのかしらないけど
おかあさんごめんなさい
おとうさんにやさしくしてあげて
ぼくすききらいいわずになんでもたべる
ほんもいまよりたくさんよむとおもう
よるになったらほしをみる
ひるはいろんなひととはなしをする
そしてきっといちばんすきなものをみつける
みつけたらたいせつにしてしぬまでいきる
だからとおくにいてもさびしくないよ
ぼくもういかなきゃなんない

Premiered: 06.13.2012 @ Hunter College